簿記三級をもっている主婦の自慢話

メニュー 閉じる

作者別: boki39

空飛ぶ絨毯の上での生活状態

空飛ぶ絨毯の上の、ジャスミンみたいな生活だなと、ここ近年思います。
叩き上げるとか、掘り上げるとか、政治的な用語にまかれている、そんな感覚がしています。仕事なんて、まだ言っちゃダメレベルな現実調の話が、まだまだ自分の人生などにはくっ付いて離れません。

一見現実みたいでしかない、本当の不法みたいな話で、だから、政治的な用語なんて思うのかと一応思えますね。
間違っていることを、要は許せないとか、迷惑すぎて生活にならないとか、そういう社会批判みたいなもので、それは長いなとすら思えるわけですよ。まづ迷惑すぎること、間違っていることなど、本当に足取りすら吊り上げられる感覚ですね。
間違っている社会自体が実社会なら、本当に虚しいことですが、本当に合っている社会は、どうしてか気付かれないわけです。引用→セルフホワイトニング通販.xyz

未来が無いんですよ。子育てがこじれたみたいな面倒くさい話ですよ。
まだ整備もなされてはいないと思った方が、良いですよ。

栄養補助食品といえば

肌荒れが気になる時には、セラミドを補うようにして頂戴。セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。角質層は何層もの角質細胞から成っていて、これが細胞同士を糊のごとく結合指せています。皮膚の表面の健康を保持する防護壁のようなはたらきもあるため、欠乏すると肌荒れしてしまうのです。普段は肌があまり乾燥しない人でも寒い時節になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を合わせてつけると良いでしょう。

 

冬になると肌トラブルが増えるので、スキンケアを怠らないようにしましょう。

 

きちんと保湿しておくことと血行促進することが冬のスキンケアの秘訣です。ヒアルロン酸は人体にも含まれるタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」に分類されるゲル状の物質です。
とても水分を保持する能力が高いため、化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)や栄養補助食品といえば、ほとんど当然のごとくヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。

栄養補助食品の他にもこういったもので(電子タバコ-コラーゲン.xyz)、何かのついでにビタミンやコラーゲンを摂るのを習慣化するのも良いかと思います。

年を重ねるに従って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。かさつく肌の場合、肌ケアがとても大事になります。

誤った肌のお手入れは症状を悪化指せるので、適切な方法をわかっておきましょう。
第一に、洗いすぎることは絶対、禁物です。

 

皮脂が気がかりになるからといって1日に何回も何回も洗顔してしまうと肌が水分を失ってしまいます。反対に皮脂の分泌物が増加してしまうので、朝晩の2階で十分です。

ノロウイルスにかかったうちのボクちゃん・・・

去年の暮れですが、うちのボクちゃん(2歳)がノロウイルスにかかりました。

正確にはノロウイルスかどうか検査して調べたわけじゃないので、「胃腸炎」としか言えないんですけどね。

そのちょっと前から保育園で胃腸炎が流行っているという話があって、数日後にうちのこが保育園で吐いたから迎えに来て欲しいという、恐れていたことが起きてしまったのです。

迎えに行くと、意外にもニコニコで元気なんですね。

でも、車で小児科に連れて行く途中にどんどん元気が無くなって車の中で吐いてしまいました。

それからも一度吐くとしばらくは元気になるのですが、また水をあげるペースを間違えて派手に吐いてしまいました。

旦那と上の子は急遽旦那の実家に泊まらせて緊急避難させました。

私は徹底して次亜塩素酸水で消毒をし続けました。

そのおかげか、家の中では誰にも感染せずに済んだのです。

次亜塩素酸水が家にあったのは、実は前の年にもノロの被害に遭って、旦那が常備しておいてくれたのです。

次亜塩素酸水にも色々あるみたいで、旦那の用意しておいてくれたのは通販で買えるいいものらしいです。

(これみたいです→次亜塩素酸水 通販

なんかよく似た名前で実はあまり効かないタイプの次亜塩素もあるみたいで・・・

家庭内感染を防げたのもこのタイプにしておいてくれたおかげかもしれません。

うちの子たち

我が家には犬(ポメラニアン)と猫(雑種)がいます。

ちょうど同じ時期に縁がありうちの子になりました。当初は仲が悪く、犬が近くに行くだけで猫は威嚇していて寄り添う姿など見たこともなく大丈夫かなあと心配していました。

半年くらいたった頃ようやく慣れたようで、追いかけっこをしたり遊んでいる様子が見られ安心したのを覚えています。

我が家にきてから9年がたち、小さかった犬もやんちゃだった猫もすっかり大人しくなりました。

この子たちと共に私の9年も色々あり一緒に過ごしてきましたが、最近ふとした瞬間に「あとどれくらい一緒に居れるかな」と考えてしまい寂しくなります。

自分はもちろんこの子たちの健康も守っていかないと行けない、いつかくる最後の日まで幸せにしないといけないと決意を再確認するのと同時にお別れしたくないと強くおもうのです。

そのためにはできることはなんでも(といってもお金に限界はありますが・・・)してあげたいと思って、フードも長生きを意識したずっと一緒だワンなどを高いけどあげています。

涙もろくなったのは年のせいかな?なんて思いながら、この子たちに癒しをもらう日々です。

くよくよせず、これからも一緒に居れる時間を大切に過ごしていこうと思います。

最近の政治について思うこと。

最近の日本の政治について思うことがいくつかある。

1つ目は政治家が本当のことを言わず、定量的なものの言い方をしないということである。別の言葉で言えば、具体的な数字を提示せずに曖昧にぼかした言い方をしてやきもきさせるのが以前と比べて非常にうまいということである。

2つ目は会議をだらだらと引き延ばすことによって国民の税金を無駄遣いしているということである。会議は時間の浪費にはもってこいである。議題を決めてスパッと決めれば良いものを、議題とは全く関係のない議員同士の批判やスキャンダルによって時間やお金を無駄遣いしている。政治家は本来、最も難しい仕事であるはずなのにもかかわらず、時間を浪費してただ座っていれば良いという、最も簡単な仕事になってしまっている。

最後に、3つ目は建設費や投資が全く意味のないところに使われているということである。豊洲の移転計画の議論よりも東京五輪のために以前の施設を補修するとか、老朽化の目立つ首都圏の高速道路を改築するとか、喫緊の課題に真摯に取り組まなければならないと思う。

以上、最近の政治について思うことをいくつか書いた。少しでもまともな政治家が増えてほしいと願うばかりである。

© 2018 簿記三級をもっている主婦の自慢話. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.